これで完璧!風俗の達人

深夜までの残業は珍しくない

深夜までの残業はそんなに珍しいことではありません。むしろそれが当たり前と言っても過言ではないので、帰りがタクシーになる時もあれば、これはもう残業だろうなと分かっている時には車で出勤して会社の駐車場に止めておくこともあります。タクシーで帰宅する時には仕方ないんですけど、自分の車で帰宅する時には、風俗のチャンスかなと。ホテルに立ち寄ってデリヘル嬢を呼んで。そのためにホテルの駐車場に停車して車の中で風俗のポータルサイトをチェックしつつ、良いデリヘル嬢がいたら呼んでってところですかね。深夜でも問題なく楽しめるのもあって、デリヘルは使い勝手が良いなって思いますよね。むしろその使い勝手の良さのおかげで、自分でもありがたいなと思いつつ、楽しませてもらっています。そういったことも含めて、風俗って本当に楽しいしありがたい世界だなってことは常々思いますし、こうったスタイルの仕事も、悪いことばかりではないかなって思いますね。

ローションは惜しまないんです

この前風俗でマットプレイと言うものを初めて味わいました。マットプレイって人気ジャンルなんですよね。浴室にマットを広げて、大量のローションを使ってのプレイ。風俗の定番プレイの一つですしマット専門店もあるくらいなので、一つのジャンルとして認められていると言っても決して過言ではないと思いますけど、自分もマットで遊んできました。実際に遊んでみると、想像以上に凄いものだなってことに気付かされますね(笑)というのも、マットプレイは大量にローションを使います。それこそローションを惜しみません。ケチるのではなく「そこまで使うの?」と思う程大量に使いますが、それが最高なんですよ。摩擦がなくなりますので、マットの上である意味自由を失いますし、自分も相手も何をしているのか制御できないような状況になりつつも、摩擦そのものが無いので相手と触れ合っているだけですべてが快感に思えてくるんですよ。こんな楽しいとは…という気持ちですね(笑)